シーズン4 第3章「奴隷解放者」

28:00~ダヴォス・シーワースがウェスタロスの筆頭剣士に殺されそうになったと言っているが、これはアリアの師匠シリオ・フォレルの事か?

35:00~タウィン・ラニスターとオベリン・マーテルとの会話のなかでドーンだけがドラゴンを退けたと言う、デイロンⅡ世の時にドーンの公女マライアとの婚姻によりドーンを国土に組み込んだ。

41:00~ポドリック・ペインまでもが命を狙われる事になったが、ティリオン・ラニスターの「お前ほど忠実な従士はいない」という言葉にはぐっときましたね、これだけ信用がならない人間だらけの王都においてポドリックは本当に素晴らしい人間。

49:00~ミーリーンでのやりとり、チラチラとミーリーンの重要人物が写っている。

タイトルとURLをコピーしました