シーズン3 第3章「処罰の道」

2:00~キャトリン・スタークの父ホスター・タリーの葬式?にて弟のブラックフィッシュことブリンデン・タリー、なんとも頼りないキャトリン・スタークの弟エドミュア・タリーの登場、ブリンデンとホスター・タリーは仲が悪く喧嘩別れしていた、エドミュア・タリーはいわゆるできない子、、

45:00~ここでラムジー・スノーに殺される兵士が「落とし子が生意気に」と捨て台詞をはく、恐らくラムジーではなくルース・ボルトンの部下という事なのだろう。

46:00~ジェイミー・ラニスターブラエニーを助ける、一緒に旅をして友情が芽生えたか?この関係は後々面白くなっていく。

そしてラニスター家得意の敵兵懐柔を試みたジェイミー・ラニスターだが相手はルース・ボルトンの部下、そしてラムジー・スノーとも繋がりが深い相手、、

この章のエンディングはなぜか妙にハイテンション…

スポンサーリンク





フォローする

スポンサーリンク