シーズン1 第2章「王の道」

シーズン1 第2章
シーズン1 第2章

概要

騎馬民族の生き方に戸惑いを覚えながら進むデナーリスジョラーの言葉に助けられなが、なぜジョラーがココにいるかを知る、そしてデナーリスはカールの子供を身籠る。

ティリオンは馬小屋で目覚め、ジョフリーにキャトリン・スタークに声をかけるよう進言する、その後、ラニスター家の食事で意味ありげな発言、ティリオンは何処まで知っているのか?誰の見方なのか?

ブランは塔から落ちて意識不明の状態になっている、キャトリンは子供の中で一番好きなブランの事を心配して眠れない、そこへサーセイが来て言葉をかける。

ジョンがアリアにプレゼント「ニードル」を渡す、この二人は小説ではとても仲がよく描かれている、ここで大きくなったナイメリアが登場。

次にジョンが向かったのはブランのもと、ジョンはキャトリンに物凄く嫌われている、、

キャトリンはエダードが出ていくことに反対している、これはロバートの反乱の件があるのだろう、エダードはロブを身籠ったキャトリンをおいて戦争に出向きジョンを連れて帰ったのだ。

ロバートとエダードの会話、ジョンの母親と思われる女性の名前「ウィラ」が出てくるがエダードはそれ以上の話を止める。

そこでデナーリスが身籠ったとの報告を受ける、ロバートはレイガー・ターガリエンと彼の愛したリアナ・スタークの件がありターガリエン家を全員殺す事を誓ってやまない、そしてエダードはその事に賛成していない。

ジョンはナイトウォッチがほぼ犯罪者の集まりだと知り絶望する、そこにティリオンがアドバイスをする、その内容は自分の生きてきた苦悩を語るようだ。

ここで暗殺者登場、内容を見るにどうやらブランを狙ったものとわかる、そして嫌いだったダイアウルフに助けられる。

デナーリスはドラゴンの話に惹きつけられカールを喜ばせる技を習うことを決意。

キャトリンはブランが落ちたのではなく落とされたことを確信、真相を探るべく王都へ向かうことを決意する。

王の道でサンサは首切り職人イリー・ペインに会う、そしてジョフリーと散歩をしている最中にアリアと友達がタンバラをしている所に出くわし、、

アリアのしたことを攻めるラニスター家、かばうことのできないサンサ、身代わりに殺されてしまうレディ、その同時刻に目が覚めるブラン、なにかつながる物があるのであろうか?

スポンサーリンク





フォローする

スポンサーリンク