第2章 「王の道」

Robert-Baratheon
Robert-Baratheon

ドラマは小説と同じくシーンごとに主役が設定されている

オープニング

  1. キングズランディング
  2. ウィンターフェル
  3. 北の壁
  4. ドスラク

デナーリス

デナーリスはドラスラク人と旅をしている、元気のないところにジョラーが話しかけてくる。

その後、ヴィセーリスに対しジョラーはイリリオの元へ帰るよう提案するがヴィーセスは聞き入れなかった。

ティリオン

ジョフリーハウンドにはめられて、犬小屋で目覚めたティリオンはジョフリーに対して助言をするがジョフリーは拒否をするがティリオンに頬を叩かれ、憎まれ口をたたき去っていく。

ハウンドはティリオンに忠告するがティリオンはさらりと流し朝食へ向かう。

ラニスターの家族が集まる中ブランの話題になる、ブランが助かる事を聞かされた時のサーセイジェイミーの反応を観察するティリオン。

そしてティリオンは北の壁に行くことを皆にしらせる。

サーセイと子どもたちが去った後に、ジェイミーはまたブランの話題に戻るがティリオンの言葉にジェイミーはティリオンの言葉に不安を抱いてしまう。

キャトリン

キャトリンは起きないブランを見守りながらおまじないのアクセサリを作っている、そこにサーセイが入ってきて昔、子供を亡くした過去を語り、ブランが治るように祈ると告げる。

ジョン・スノー

ジョンは鍛冶屋のミッケンにアリアにプレゼントする剣を作らせている。

そこへジェイミーがやってきてジョンを挑発する。

アリアの部屋でアリアが荷造りをしている、ジョンは剣をアリアにプレゼントする。

アリアはその剣に〈ニードル〉と名付ける(※サンサは刺繍が得意だが自分は得意でないところからニードルと名付けた)

その後、お互いに抱擁する(※ジョンとアリアはお互いがとても好きでとても仲がよい)

ジョンは眠ったままのブランに壁に行くことを伝えに行く、キャトリンはそこでもジョンに厳しく当たる。

そこにエダードが入ってきてキャトリンと話をし、初めてジョン・スノーの出生が出てくる。

ジョンが出発の準備をしているところにロブが話しかけてくる、ロブはキャトリンがジョンに辛くあたっていなかったか心配をする、そして別れの抱擁をする。

旅路に場面がうつり、キングスランディングに行く兵たちと、北の壁に行くスノー、ティリオン達との別れの場面でジョンはエダードに母親の事を聞くが、エダードは答えなかった。

エダード

ロバートとエダードが休憩中、昔の話をする、昔抱いた女の話をする。

エダードはジョン・スノーの母親の名前を「ウェラ」と言いそれ以上は話さないと言う。

ロバートは硬い性格のエダードをたらしこんだ凄い女と面白がるが、真相違う。

ジョン・スノーの母親はロバートの愛したエダードの妹のリアナとロバートが憎み殺したレイガー・ターガリエンの子供。エダードはロバートがターガリエン家の人間をすべて殺すと誓っていいることを知っているため、自分の落とし子として隠している。

そこで、ターガリエンのデナーリスがドスラク人のドラゴと結婚したということを知る、ロバートは恐れと怒りでなんとかしてターガリエンを殺すと誓う。

デナーリスがドラゴに半分レイプ状態な場面が移される。

ジョン・スノー

ジョンは野営をしているところでティリオンと話をしている。

ここでジョンは他のナイトウォッチになる人間にであうが、その人達はみな罪人であった、罪人は罰をうけるかナイトウォッチになって一生を捧げるかを選べる、という事を知りナイトウォッチの現実のギャップにショックを受ける。

ティリオンは自分の境遇を話、自分には知識が武器だと話しジョンに助言をする。

キャトリン

キャトリンがブランの看病をしているところにマイスタールーウェンが城の経営について相談するがキャトリンは受け付けない、そこにロブが来て代役を引き受ける。

ロブはキャトリンを心配し、話をするがキャトリンは受け付けない、そこでロブが火事に気が付き部屋を出ていく。

そこに刺客が現れる、ダイアウルフが助けに入りなんとか刺客を撃退するが、キャトリンは手に大怪我を追ってしまう。

デナーリス

デナーリスは侍女たちと話をしている、そこでドラゴンの話をする一人の侍女に関心をもつ。

その侍女が男を喜ばせる術を知っていることを聞き、それを学ぶ事を決意する。

(※この侍女はヴィセーリスが送り込んだ女である。)

キャトリン

キャトリンはブランが狙われた事に不信感を抱きブランが落ちた塔を調べ、サーセイの髪の毛を見つける。

そして、森で限られた人間と渦巻く陰謀があると相談する、そのためエダードの元へ行くことを告げ、ロドリックと一緒にキングスランディングに行く事になる。

まだ目覚めていないブランに別れをつげる。

デナーリス

デナーリスはテントの中で侍女から手ほどきを受けている、デナーリスは見事?技を習得する。

そしてドラゴに技を使いドラゴを虜にする、この頃にはすでに片言のドスラグ語を話す。

サンサ

サンサはレディと歩いている所に首切り処刑人イリーン・ペインとぶつかる、彼は何も話さない、そこへハウンドが助けに入りペインは去っていく、そしてジョフリーが来てハウンドを下がらさせ、二人で散歩をしようと誘う。

川辺ではアリアとその友達マイカーが剣の稽古をしている、アリアは棒きれで打たれ怪我をしてしまう、それを見てジョフリーはマイカーを剣で脅すが、アリアに棒で叩かれ、ナイメリアに腕を噛まれ、さらにアリアに剣〈ライオンの歯〉を取られ川に捨てられてしまう。

アリアは大変な事をしてしまったと思いナイメリアを森に逃がす。

エダード

失踪したアリアを探すエダード、そこにアリアが見つかったとの報告。

ロバート、サーセイ、ジョフリー達の中でアリアは尋問を受けていたが押し問答になっている、そこのサンサが呼ばれるがサンサは何も覚えていないという。

最後はダイアウルフの殺害を言い渡されるがナイメリアがいないのでレディがエダードの手によって殺されてしまう。(スターク家の決まり事

外でハウンドとすれ違う、ハウンドはマイカーの死体を馬に乗せていた。

レディがエダードに殺される場面でブランが目を覚ます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました