第2章「冥夜の守人」

評議会
評議会

ドラマは小説と同じくシーンごとに主役が設定されている

オープニング

  1. キングズランディング
  2. ウィンターフェル
  3. 北の壁
  4. ドスラク人の集落

エダード

キングズランディングに着いてすぐに商標議会に呼び出される、途中にジェイミー・ラニスターに挑発を受ける。

エダードの父親と兄が〈狂王〉に殺された話と、〈狂王〉を殺した話をする。(このためジェイミーはキングスレイヤーと呼ばれている)

会議室でヴァリスレンリーピーターパイセルと挨拶をする。

ここでピーターとエダードの兄、キャトリンとの関係を少し触れる昔話をする。

ここで王国が借金だらけだと聞かされる。

サーセイ

サーセイジェフリーを手当をしながら王とは何かを伝授?している。

ジェフリーはこの時点でサンサを嫌っている、そして北部の事も気に入っておらず怒りをあらわにする。

エダード

アリアサンサが食事をしている最中にアリアはジェフリーに不満をあらわにする。

サンサはエダードから人形をもらうが機嫌が悪く部屋へ戻ってしまう。

エダードはアリアの部屋に行きアリアの剣〈ニードル〉を見て、アリアと話をする。

アリアはマイカーを巻き添えにしてしまった事を懺悔し、関わった人間に恨みを表す、しかしエダードはスターク家のモットー「冬来る」を教え、なんとかサンサをなんとかたしなめる。

ブラン

ブランはベットに寝ながらバアヤの冬の話や〈ホワイトウォーカー〉の聞き身震いする。

そこへロブが入ってきて「この世は大きな青い瞳の巨人の中にあるから空は青い」などと説明する、そしてブランの足が治らない事を告白され、うなずく。

キャトリン

王都につくなりすぐに見つかり、ピーターの館に招かれる。

そこでヴァリスと会い、ブランの刺客が持っていた短剣を元にピーターから刺客を送った犯人はティリオンだと告げる(本当はピーター)

ジョン・スノー

ブラックキャッスルにてジョンは剣の稽古をさせられている、サー・アリザーに嫌われている描写が映る。

武器庫で3人の男(グレンピップ・)に襲われている所にティリオンに助けられ、〈ナイツウォッチ〉の現状に愚痴をこぼす。

エダード

ピーターよりキャトリンが王都に着ていて自分の館に匿っていることを聞かされ招かれる、そこでキャトリンはブランの暗殺にラニスター家が絡んでいる事を話し、証拠を探すことを誓う。

キャトリンはロドリックと共に王都を去る。

ロバート

ロバートは飲みながら

スポンサーリンク





フォローする