マーテル家(Martel)

Martel
Martel
領地  ドーン
本拠地  サンスピア
標語  折れぬ、枉げぬ、まつろわぬ
家紋 黄金のやりに貫かれた真紅の太陽

ロインの戦士女王ナイメリアは一万の船を率いて、七王国の最南端ドーンに上陸し、モース・マーテル公を夫にした。

モースは彼女の助けを得て、ライバルたちを征服し、ドーン全土を支配した。

唯一ドーンはエイゴン竜王によって征服されなかったが、剣ではなく結婚と条約によって、永続的に七王国に合併されることになった。

平和を好む王デイロンⅡ世は静止たちの失敗したことを、ドーンの公女マライアとの婚姻、および自分の妹を妃としてドーンを支配する大公に与えることによって成就したのである。

ドーラン・ナイメロス・マーテル サンスピア宮の宮王、ドーンの大公

エリサ レイガー・ターガリエンに嫁ぐ、キングスランディング略奪時に殺害される
エリサの子供 レイニス キングスランディング略奪時に殺害される
エリサの子供 エイゴン キングスランディング略奪時に殺害される
旗主 エドリック・デイン 星降る城の城主
忠誠を誓う主な家 ジョーデン サンタガー アリリオン
トランド アイアンウッド ウィル
ファウラー デイン
スポンサーリンク





フォローする