諸名家一覧

ゲーム・オブ・スローンズの世界では家名とそこに関連する人物、名家とそこに忠誠を誓う家などが重要な鍵になってきたり、物語を知る上で重要になってきます。

しかし、小説版と違いTVドラマではかなり省略されていてストーリーを理解するのはかなり難しいです。

そこでまず名家とその関連人物、忠誠を誓う家、名家の他に忠誠を誓う家でもストーリーに関連する家なども詳しく解説していきます。

スターク家(Stark)
ブランドン建設王、および古代の冬の王の決闘を受け継いでいる。何千年もの間〈北の王〉としてウィンターフェルを支配していたが、エイゴン竜王に戦わずして臣従の誓を選んだ。
ターガリエン家(Targaryen)
エイリス・ターガリエン第Ⅱ世 七王国の王、〈狂王〉 キングスランディング略奪時にジェイミー・ラニスターに殺害される。
ラニスター家(Lannister)
西部の丘と谷間に強力な王国を築いたアンダル人の冒険者たちの血を引いている。キャスタリー・ロックと黄金の歯で取れる黄金のために、諸王家うちでもっとも裕福な家になった
バラシオン家(Baratheon)
名家のうちでもっとも新しく、征服戦争中に創設された。創立者オーリス・バラシオンは低い身分から出世して、エイゴン竜王のもっとも勇猛な指揮官の一人となった。最後の〈嵐の王〉であるアージラック傲慢王を倒した褒賞としてアージラックの城、領地およびその娘を与えられた。
グレイジョイ家(Greyjoy)
ハレン暗黒王の時代は地峡からブラックウォーター河に至る山間のすべての土地を支配したが、タリー家に奪われた。生き残った鉄諸島の領主達からパイク島のヴィコン・グレイジョイ公が選ばれた。 数年前にロバート王に反乱し失敗をしている。
アリン家(Arryn)
〈山と谷の王〉の末裔であり、アンダル貴族のうちでもっとも古く純粋な家系である。ジョン・アリン 高巣城の城主、谷間の守護者、東部総督、〈王の手〉 第1話目で死去している。
タイレル家(Tyrell)
タイレル家は河間平野王家の執政として力を蓄えた、その支配権はドーン辺境およびブラックウォーター河の南西から日没海の海岸にいたる肥沃な平原が含まれる。タイレル家は王家が戦士した時にハイガーデンをターガリエン家に明け渡し忠誠を誓ったため、エイゴン・ターガリエンはタイレル家に河間平野の支配権を与えた。
マーテル家(Martel)
ロインの戦士女王ナイメリアは一万の船を率いて、七王国の最南端ドーンに上陸し、モース・マーテル公を夫にした。モースは彼女の助けを得て、ライバルたちを征服し、ドーン全土を支配した。
タリー家(Tully)
千年にわたりリヴァーランに豊かな土地と大きな城を所有していたが、王家とした君臨していたことは一度もない。残忍なハレン暗黒王を捨ててエイゴン竜王の軍に加わりトライデント河流域の支配権を得たのがエドミン・タリーであった。
スポンサーリンク





フォローする