エダード(スターク家)が処刑人を自らの手で処刑する理由

スターク家の血管には、まだ〈最初の人々〉のちが流れている。

そして、刑の宣告者みずから剣を振るうべきだという信条を守っている。

人の命を取るとしたら、宣告者は罪人の目を覗き込み、そいつの最後の言葉を聞いてやる義務がある。

もし、それに耐えられなければ、その場合にはおそらくその罪人は死に値しない

スポンサーリンク





フォローする

スポンサーリンク