ジャノス・スリント(Janos Slynt)

Janos Slynt
Janos Slynt

エダード・スタークの反乱時にエダードを裏切り、サーセイ・ラニスターに貴族にしてもらった、〈王都の守人〉の隊長。

ロバート・バラシオンの落し子を殺し、ティリオン・ラニスターの怒りをかい〈王都の守人〉の座を奪われ、〈冥夜の守人〉にさせられる。

その後、いくつもの汚点を残しジョン・スノーに処刑される。

スポンサーリンク





フォローする

スポンサーリンク