エダード・スターク(Eddard Stark)

Eddard-Stark人物
Eddard-Stark
諸名家スターク
出身ウィンターフェル
父親リカード・スターク
母親不明
親戚兄:ブランドン・スターク弟:ベンジェン・スターク

妹 :リアナ・スターク

妻:キャトリン・タリー

長男:ロブ・スターク

長女:サンサ・スターク

次女:アリア・スターク

次男:ブラン・スターク

三男:リコン・スターク

甥(落し子):ジョン・スノー(ジョン・ターガリエン)

登場回シーズン1 第1話~シーズン1 第7話
詳細 「ネッド」の愛称で呼ばれる事もある、義務と名誉を重んじる真面目(頑固?)な人柄で〈古の神々〉の信者。持っている剣は先祖代々から伝わるヴァリリア鋼でできた長い剣で名前は〈氷(アイス)〉

ターガリエン家に反乱した際に戦況が決まってから反乱に参加したラニスター家を憎んでいる、特に当時〈王の盾〉キングズガードであった〈キングスレイヤー〉ジェイミー・ラニスター(以後:ジェイミー)が誓いを破り〈狂王〉エイリス・ターガリエン2世(以後:狂王)を殺害した事を許していない。

アイリー〈高巣城〉にてロバート・バラシオン(以後:ロバート)と共にジョン・アリー(以後:アリー)の非後継人として育てられ、ロバートと親友となる。

キャトリン・タリー(以後:キャトリン)は兄のブランドン・スターク(以後:ブランドン)と結婚するはずだったが、〈狂王〉エイリス・ターガリエン2世(以後:狂王)にブランドンが殺されてしまったため、代わりにエダードと結婚をした。

同時にアリーはキャトリンの妹、ライサ・タリーと結婚したため、アリーとは親戚になった。

狂王がアリーに対してエダードとロバートの首を要求するが、アリーがこれを断り、エダード、ロバート達と反乱を起こした。

反乱の際に妹リアナを助けるためにドーンとの国境の〈喜びの塔〉で〈王の盾〉の騎士たち(〈暁の剣士〉サー・アーサー・デイン)と戦い、勝利しリアナの最後の願いを聞き届けジョン・ターガリエンを引き取り、落とし子ジョン・スノウとして育てる。

関連人物部下:メイスター・ルーウェン部下:サー・ロドリック

部下:ジョリー・カッセル

非後継人:シオン・グレイジョイ

関連投稿http://www.myenglish.work/tag/eddard
タイトルとURLをコピーしました